AGAで悩む男性

AGAは自然治癒で治るものではありません。進行性の脱毛症ですので、放置すると当然症状は悪化していく一方です。AGAの治療は遅ければ遅いほど回復も遅れます。早めの治療をすることで改善までの期間は短くなるといわれております。

AGAを放置するとどうなるか

薄毛の男性

男性によくみられる薄毛をAGAといいます。
AGAは男性型脱毛症のことをいい、前髪が後退しているような状態で頭頂部付近が薄毛になっている状態です。
髪の毛は成長をしているのですが、成長するためにはやはり栄養分が必要となります。栄養分は血液によって毛根に運ばれてそこから髪の毛は伸びているということになります。
これはヘアサイクルというものであり、3年から6年ほどかけて髪の毛が生え変わるというサイクルです。髪の毛は一定のサイクルで成長をしています。この期間を成長期といいます。成長が弱まる後退機を迎えて完全に成長が止まる休止期となりやがて髪の毛は抜けてしまい、毛根から次の髪の毛が生えてくるのです。
このヘアサイクルが男性ホルモンの影響や生活環境が変わってしまうなど、頭皮の血行不良、毛根から髪への栄養不足など引き起こしてしまうことでヘアサイクルが乱れてしまうのです。ヘアサイクルが乱れると成長する期間が短縮されてしまい、髪の毛が完全に成長するまでに抜け落ちてしまうことで薄毛になってしまうのです。
この症状が顕著に表れる場所が前髪付近や頭頂部ということになります。
AGAは放置せずに早めに治療を行うことが大切です。AGAが進行して髪の毛がいつの間にか抜けて薄毛になっていたということもよくあります。髪の毛は毎日抜けるものですが、シャンプーやドライヤーの時に髪の毛が抜けていることも多くあまり気づきにくいこともあるのです。
放置してしまうと毛根がふさがってくることになり、髪の毛が生えるところがなくなってくることにもなるので、早めに治療を行うということが大切なのです。
そしてヘアサイクルを考えても髪が生えかわるには数年かかります。継続して治療を行うことが必要です。

早めの治療が重要なAGA

男性型脱毛症であるAGAは進行性のため、ほっておくと抜け毛が多くなり、薄毛になってしまいます。
AGAの治療方法にはプロペシアと呼ばれる錠剤を服用する、ミノキシジルと呼ばれる外用薬を頭皮に塗るなどといった方法がありますが、この2つの方法は機能しなくなった毛母細胞を復活させることはできません。
そのため毛母細胞が活動している時期に治療を開始しないと脱毛を食い止めることはできないのです。
AGAはヘアサイクルが乱れ髪の毛が十分に成長しないうちに抜けてしまうのが特徴です。
太くてしっかりとした髪の毛が抜けてしまうので、まだ成長段階にある細くて短い髪の毛が残ってしまい薄毛とはっきりわかるようになってしまいます。
そのためAGAの治療はヘアサイクルを正常にし、毛母細胞をできるだけ活動できるようにすることを行っていきます。
AGAは男性ホルモンやストレス、遺伝、飲酒や喫煙、食生活の乱れ、睡眠不足などで起こります。
特に影響があるのが男性ホルモンとストレスで、男性ホルモンに作用するジヒドロテストステロンという物質がヘアサイクルを乱しています。
40代以降になると男性ホルモン自体が少なくなってくるので進行も遅めになりますが、20代や30代の場合は男性ホルモンが活発となっており、ジヒドロテストステロンも男性ホルモンと結びつきやすくなっているのでAGAが起こりやすくなってしまいます。
そのためヘアサイクルを乱さないためにも早めに治療が必要となってくるのです。
気が付いたときには進行していることが多いですので、親戚に薄毛の方がいる場合や抜け毛が多くなってきたと感じたときはAGAの治療を開始することが大切になってきます。

ただしいAGA治療とは?

ニゾラールシャンプーの画像

ただしいAGA治療として、まず、育毛剤を使うことが効果的です。
育毛剤には、男性ホルモンの働きを抑制する効果、頭皮の血行を促進する効果、毛母細胞を活性化する効果などさまざまな効果を得ることができます。
シャンプーも育毛シャンプーを正しく使うことがAGA治療には大切です。
正しいシャンプーの仕方の手順として、まず、前流しでシャンプーを行う前に十分に頭皮を洗い流し、頭皮をあわ立てながら爪を立てずに、指の腹で頭皮をマッサージするように洗います。
最後に洗い流しがないようにしっかりと洗い流します。洗ったあとはなるべく早く乾かすことが大切です。
AGA治療には、専門外来で専門的な発毛治療をすることもお勧めです。
100%ではないものの最先端の医療でより確率が高い治療を受けることができます。
AGAの治療は早めに行うことが大切です。
毛母細胞の分裂回数は決まっているため、AGAはヘアサイクルを乱して、髪の毛が抜け落ちるまでの期間を短くしてしまうため、ヘアサイクルの異常により、毛母細胞の分裂が終わり、髪の毛が生えなくなります。
まだ分裂細胞が残ってる間の早期に治療を行うことが大切です。
生活習慣もAGA治療にはとても大切です。
食生活、睡眠時間、ストレス、喫煙などの生活が髪の毛に影響を及ぼします。
まず、食生活では、肉類などの動物性食品などばかり食べるような偏った食生活を行っていると、血液がどろどろになり、血液の流れが悪くなることで、毛母細胞に十分な栄養や酸素が送れなくなってしまいます。
また、タバコの成分であるニコチンには血管収縮作用があるため、同じく血液や酸素を頭皮に届けることができなくなってしまいます。
ストレスyは、交感神経を刺激し、血行が悪くなったり、皮脂の分泌が多くなったり、睡眠不足により成長ホルモンが分泌されなくなったりします。
AGA治療ではどうしても治らなければ専門外来で治療を行うことがお勧めです。

■AGAにお悩みの方はこちらのサイトがおすすめです
AGA治療の専門情報
■フィンペシアでAGA治療をしてフサフサな髪を取り戻しましょう
フィンペシア 通販