AGAで悩む男性

AGAは自然治癒で治るものではありません。進行性の脱毛症ですので、放置すると当然症状は悪化していく一方です。AGAの治療は遅ければ遅いほど回復も遅れます。早めの治療をすることで改善までの期間は短くなるといわれております。

万有製薬のAGA薬と育毛に役立つ栄養士システイン

AGAとは男性型脱毛症の事で、成人男性によく見られ、思春期以降にひたいの生え際や頭頂部から、髪の毛が薄くなってくる状態です。
その原因は男性ホルモンのテストステロンが5α還元酵素と言う酵素によりジヒドロテストステロン(DHT)に変わり、このDHTが、髪の毛のヘアサイクルのうちの成長期を短くするからです。
この5α還元酵素の活性を抑えDHTが出来ないようにする薬がフィナステリドで、アメリカの製薬会社から1997年に発売の許可が出ました。
日本では、このアメリカの会社から輸入する形で万有製薬から医師の処方箋が必要な薬として2005年に承認を受けています。
AGAは治療をしなければ時間とともに、進行してゆくものですが、フィナステリドを服用すると、半年で48%、1年で58%、2年で68%、3年で78%の人に髪が増え、薄毛の進行が食い止められた人は3ねんで98%に達しています。
このようにフィナステリドを使用すると、明らかない、薄毛の進行が食い止められますが、もともと髪の毛の毛乳頭が、毛細血管から栄養分を吸収して、毛母細胞に栄養を与えることにより、髪の毛は成長してゆきます。
したがって、AGAになった場合、フィナステリドで、薄毛の進行を食い止めることも大切ですが髪の毛の成長に必要な栄養分を与えることも大切です。その成分の一つがシステインで、タンパク質を分解する得られるアミノ酸の一種です。
食べ物の中では、大豆や魚やキャベツやニンニクの中に含まれています。
基本的には、バランスの良い食事が大切ですが、システインをしっかりと含む食事は、肝機能も活発にさせ、老廃物の処理も順調に進ませます。
育毛のためには、上手にサプリメントも利用するのも賢い方法の一つでしょう。