AGAで悩む男性

AGAは自然治癒で治るものではありません。進行性の脱毛症ですので、放置すると当然症状は悪化していく一方です。AGAの治療は遅ければ遅いほど回復も遅れます。早めの治療をすることで改善までの期間は短くなるといわれております。

AGA治療にはビタミン摂取とファイザーの薬が効果的

薄毛の症状が出てきているときには、食事に気を遣うことがおすすめです。
食事によって摂取できる成分として、タンパク質やビタミンB群、ビタミンEやAが育毛の良いと言われています。
タンパク質を多く含んでいるものは、肉類や魚類、大豆製品、乳製品などになります。
髪の毛を作る基本の成分はケラチンというもので、アミノ酸を含んでいるタンパク質となるために、大豆製品などを積極的に摂取することで薄毛の改善に役立つと考えられます。
ビタミンAやEは、血行を促進させる作用があるために、抜毛予防に役立ちます。
緑黄色野菜や玄米、ゴマなどに多く含まれています。
ビタミンB群は、頭皮の新陳代謝の働きを高める作用がありますので重要な栄養素であると言えます。
レバーや大豆、マグロなどに多く含まれていますので、食事を摂取するときに気を付けて食材を選ぶことがおすすめとなります。
食生活の改善だけでは薄毛の予防につながらないと感じるときには、医療機関を受診することでプロペシアの処方を受ける治療法もあります。
プロペシアは厚生労働省で認可を受けている医薬品で、AGA治療薬の代表的な存在として知られています。
日本にも数多くの薄毛治療を行っているクリニックがあり、プロペシアの処方を行っています。
プロペシアのジェネリック医薬品としては、ファイザー製薬が開発を行っているフィナステリド錠も存在しています。
ファイザーのプロペシアのジェネリック医薬品を入手したいときには、事前に取り扱っているクリニックかどうかを確認してから受診することがおすすめです。
通常のプロペシアを購入するときの価格と比較すると、ファイザーは1箱28錠分で6000円ですので、1錠あたり250円ほどの価格のする先発医薬品のプロペシアよりも、少し安い価格で入手することができるメリットがあります。