AGAで悩む男性

AGAは自然治癒で治るものではありません。進行性の脱毛症ですので、放置すると当然症状は悪化していく一方です。AGAの治療は遅ければ遅いほど回復も遅れます。早めの治療をすることで改善までの期間は短くなるといわれております。

AGA治療薬の使用方法と販売について

AGA治療をこれから行うのであれば、2つにわけて考えるようにしましょう。育毛と発毛に分けて行ってください。育毛は抜け毛防止も一緒に含めることができ、発毛の方は頭皮が透けて見えるようなケースで必要になります。最近抜け毛が増えてきて、頭髪がまだあるような場合では発毛剤を使わずに、育毛剤だけの対処で済む可能性もあります。

育毛剤としてAGA治療で最も有名な医薬品はプロペシアです。AGAの原因となる薄毛の原因である男性ホルモンが産生されるのを防ぐ効果があり、ファーストチョイスされる医薬品として有名です。使用方法は1日1回の服用であり、抜け毛の防止や育毛をするだけなら頭皮に塗布するタイプの医薬品ではありませんので、とても手軽に使うことができます。販売はクリニックでなければ入手することはできません。薬局にも売っていませんのでクリニックの診察を受けてから服用しましょう。ただしクリニックの保険診療外で高くなる医療費を抑えたいのであれば、個人輸入を利用する手もあります。発毛が必要になるケースでは、ミノキシジルが良いでしょう。発毛を促進する画期的な成分になっており、販売はクリニックだけではなく、こちらは薬局でも購入することが可能です。またミノキシジルも費用を抑えるために個人輸入を使って購入することが可能です。

どちらも医薬品になりますので、正しい使用方法をしなければなりません。個人輸入で海外の医薬品を購入できる環境にありますが、初めての服用の場合はクリニックで処方を受けてください。薄毛の原因が本当にAGAであるのか?また医薬品を服用できる体であるのかを確認することも大切です。安全に服用できる環境を求めてください。