AGAで悩む男性

AGAは自然治癒で治るものではありません。進行性の脱毛症ですので、放置すると当然症状は悪化していく一方です。AGAの治療は遅ければ遅いほど回復も遅れます。早めの治療をすることで改善までの期間は短くなるといわれております。

AGA治療薬の薬名とタイプ

AGAに効果がある治療薬は、プロペシアという薬名の飲むタイプの薬と、ミノキシジルという薬名の頭皮につけるタイプの薬の二つがあります。
プロペシアという薬名の治療薬とミノキシジルという薬名の治療薬は、AGAを治療するということは同じなのですが、アプローチ方法や現われる効果は異なってきます。
作用や特徴を充分に理解して、一番自分に合っている対策方法を選ぶ必要があります。
プロペシアは、フィナステリドが有効な成分として含まれている飲むタイプのAGA治療薬になります。
AGAになってしまう一番大きな原因といわれてる男性ホルモンの一種であるジヒドロテストステロンが生成されるの抑える効果があります。
髪の毛が薄くなる原因に直接作用する治療薬ということになります。
副作用としては、性欲が衰えたり勃起しにくくなることがあります。
ミノキシジルは、もともと高血圧を治療するために血管を拡張させる薬として合成されて、臨床試験を経て発毛する効果が認定されました。
頭皮の血液の流れを改善することにより毛根まで栄養を届けて髪の毛が生えてくるのを促してくれます。
ドラッグストアなどでも手に入れることができるほど身近な存在になっています。
副作用としては、頭皮がかぶれてしまったり、痒くなってしまうことがあるため、敏感なお肌の人は注意する必要があります。
プロペシアも、ミノキシジルも、アメリカの医薬品の認可を行っているFDAや日本の厚生労働所だけでなく、たくさんの国で認められている信頼できる効果のAGA治療薬となっています。
プロペシアでAGAの原因となっている男性ホルモンのジヒドロテストステロンを抑えて、ミノキシジルで髪の毛の毛根を活性化させてAGAを治療するということになります。